2021年2月28日:金沢大学超然プロジェクト「古代文明の学際研究の世界的拠点形成」オンライン・シンポジウム『世界の古代文明をめぐる最新調査研究』(共催:金沢大学国際文化資源学研究センター)開催のお知らせ

日  時: 2021年2月28日(日)、13:00~18:00 (12:45より接続可能)
開催方式: オンライン(Zoomウェビナー)
申  込: 事前申込制 ※以下URLよりお申込み下さい。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_kHHTNlHpTgS0Srsn7PtYVQ
参加費 : 無料
言  語: 日本語
主  催: 金沢大学超然プロジェクト「古代文明の学際的研究の世界的拠点形成」(代表:河合望)
共  催: 金沢大学国際文化資源学研究センター、金沢大学新学術創成研究機構
金沢大学古代文明・文化資源学研究所(仮称)設立準備委員会
      学術変革領域研究(A)「中国文明起源」
基盤研究(B)「西アジアにおける先史遊牧民の起源と乳製品利用」
新学術領域研究(研究領域提案型)「西アジアの都市化と遊牧民交易」
基盤研究(B)「エジプト、北サッカラ遺跡における新王国時代墓地の総合的調査研究」
基盤研究(B)「中国初期王朝時代における土器利用の複雑化とその背景に関する多角的研究」
  

『世界の古代文明をめぐる最新調査研究』

(pdf)



プログラム

13:00~13:05開会挨拶:中村誠一(金沢大学教授・国際文化資源学研究センター長)
13:05~13:10趣旨説明:河合 望(金沢大学教授・超然プロジェクト「古代文明の学際的研究の世界的拠点形成」代表)
 <発表>
13:10~13:40「学際研究から探る中国稲作文明の起源」中村慎一(金沢大学教授)
13:40~14:10「中国文明形成期の土器利用と穀物」久保田慎二(金沢大学特任助教)
14:10~14:40「インダス文明再考:工芸生産・流通に関する近年の研究をもとに」上杉彰紀(金沢大学特任准教授)
休憩(10分)
14:50~15:20「西アジア青銅器時代の武器編年構築-青銅製槍先を中心として」足立拓朗(金沢大学教授)
15:20~15:50「エジプト、サッカラ遺跡での新発見」河合 望(金沢大学教授)
15:50~16:20「マヤ文明:コパン王朝の起源の解明に向けた文理融合研究」中村誠一(金沢大学教授)
休憩(10分)
16:30~17:00「科学分析から見たアンデス文明初期の神殿の変貌」関雄二(国立民族学博物館副館長、総合研究大学院大学教授)
17:00~17:30「ポリネシアにおける社会階層化と人口・環境との関連」石村智(東京文化財研究所・無形文化遺産部・音声映像記録研究室室長、金沢大学客員准教授)
17:30~18:00「考古学と古代ゲノム学の融合研究〜古代ゲノム学のパラダイムシフト〜」覚張隆史(金沢大学助教)
18:00閉会挨拶:中村慎一(金沢大学教授・新学術創成研究機構長)


司会:小高敬寛(金沢大学特任准教授)


<注意事項>
*オンライン参加者につきましては、Zoomへの接続や機器・ソフトウェアの使用に関するお問い合わせには対応できかねますので、初めてZoomを利用される方は、事前にご自身で接続テストを行っていただくことをお勧めいたします。
(テストミーティングに参加するには:https://support.zoom.us/hc/ja/articles/115002262083)
*ログインの際には、参加者の確認を行いますので、正しい姓名とメールアドレスをご入力ください。
*Zoomウェビナーでは、聴衆側のカメラ・マイクはオフに設定されています。コメントや質問は、チャット欄、または質疑応答欄からお送りください。
*回線の状況によって映像や音声が乱れる場合がございます。ご了承ください。
*配信内容の録画/録音はご遠慮ください。
*終了時刻は前後する可能性がございます。


▼問い合わせ先
------------------------------------------
金沢大学超然プロジェクト「古代文明の学際的研究の世界的拠点形成」事務局
担当:久保田慎二
E-mail:jiu-bao-tian@staff.kanazawa-u.ac.jp
Tel:076-264-6134
------------------------------------------