2020年2月27日:金沢大学主催公開シンポジウム「渤海・クラスキノ城跡と極東アジアの古環境」開催のお知らせ

日 時:2020年2月27日(木)
    13:30 - 17:15
場 所:石川四高記念文化交流館 多目的室3
    (石川県金沢市広坂2丁目2−5)
    ( http://www.pref.ishikawa.jp/shiko-kinbun/
言 語:日本語
参加費:無料
申込み:事前申し込み不要
主催・共催:金沢大学 国際文化資源学研究センター、金沢大学 超然プロジェクト


プログラム

「渤海・クラスキノ城跡と極東アジアの古環境」


13:30-13:40 あいさつ・趣旨説明
  足立拓朗(金沢大学 人間社会学域・教授)
13:40-15:10 「クラスキノ城跡の考古学研究の最前線」
  岩井浩人(青山学院大学 文学部・准教授)
15:10-15:20休憩
15:20-16:20 「クラスキノ城跡出土動物骨から探る渤海の家畜利用」
  覚張隆史(金沢大学 国際文化資源学研究センター・助教)
16:20-16:30休憩
16:30-17:10 パネルディスカッション ゲストパネラー
 ・酒寄雅志(國學院大學栃木短期大学・教授)
 ・篠田雅人(名古屋大学 環境学研究科・教授)
 ・小嶋芳孝(金沢学院大学 文学部、金沢大学 国際文化資源学研究センター・客員教授)
17:10-17:15 閉会の挨拶

連絡先:金沢大学 国際文化資源学研究センター 覺張
    gakuhari(アットマーク)staff.kanazawa-u.ac.jp