2019年1月27日:公開国際シンポジウム「越境する文化遺産-解釈の対立を超えて、未来を育もう」開催のお知らせ

日 時: 2019年1月27日(土) 13:30 - 17:15
     *開場時間:13:00
場 所: 石川県政記念しいのき迎賓館 セミナールームB
     (石川県金沢市広坂2丁目1番1号)
     Venue: Siinoki-Geihinkan, Seminar Room B
言 語: 日英(日本語逐語訳あり)
参加費: 無料
連絡先: tryuichi[atmark]staff.kanazawa-u.ac.jp (谷川)

主 催: 金沢大学 新学術創成研究機構 文化遺産国際協力ネットワーキングユニット
共 催: 金沢大学 国際文化資源学研究センター、金沢大学文化資源マネージャー養成プログラム(博士課程教育リーディングプログラム)

内 容:
文化遺産がナショナリズムと結びついたメディアとなって久しい。本シンポジウムでは文化遺産をめぐる国際的な対立のなかで、相互の融和や理解を探り続ける専門家たちの活動を紹介する。文化遺産国際協力の意義とその叡智を、共に学ぶ集まりとしたい。


    13:00 開場
    13:30 挨拶 (中村慎一 金沢大学)
    13:35 はじめに (河合望 金沢大学)
    
    ・発表1 「わたしたちの文化遺産」をめぐる衝突:ヨルダン川西岸におけるイスラエルの戦略とパレスチナの抵抗
         (岡田真弓 北海道大学)
    ・発表2 誰の遺産か?:トルコ国民意識の構築と古代アナトリア諸文明
         (田中英資 福岡女学院大学)
    ・発表3 インドネシアの文化遺産保存
         (ハスティ タレカット ヘリテッジ・ハンズ・オン)
    ・発表4 共同遺産の国境: 東アジアのユネスコ遺産解釈に関する論争を中心に
         (キム ジホン ユネスコ韓国委員会)
    ・パネルディスカッション
     (コメンテーター 水越伸 東京大学、司会 谷川竜一 金沢大学)

    17:15 閉会