2018年7月12日 講演会「ホンジュラスー日本の二国間関係の展望とユネスコ事業について」を開催

日 時:2018年7月12日 16:30 - 18:00
場 所:金沢大学人間社会第一講義棟 102講義室
講演者:駐日ホンジュラス共和国特命全権大使
    エクトル・アレハンドロ・パルマ・セルナ氏(日本語通訳付き)
主 催:人間社会研究域附属国際文化資源学研究センター
共 催:新学術創成研究機構文化遺産国際協力ネットワーキングユニット
内 容:金沢大学は、2013年にホンジュラス国立人類学歴史学研究所と締結した交流協定に基づき、ホンジュラスの世界文化遺産「コパンのマヤ遺跡」において一連の研究・教育・国際貢献活動を展開しており、国際文化資源学研究センターはその中核を担っています。これらの活動をさらに発展させるため、 2017年8月には、日本の無償資金協力のホンジュラス側見返り資金で建設された「コパン文化遺産保存・人材育成センター」内にリエゾンオフィスが設置されました。国際文化資源センターでは、この機会に昨年末に赴任された新しいホンジュラス特命全権大使をお招きし、二国間関係の展望を話していただく講演会を開催いたします。
問い合わせ先:国際文化資源学研究センター(電話番号 076-264-5788 )