ごあいさつ

 金沢大学国際文化資源学研究センターは平成23年2月に金沢大学人間社会研究附属の研究施設として発足しました。金沢大学はその第2期中期目標に「世界に通用する高度な学術研究を推進し、卓越した研究成果と将来性のある研究を産み出す先進的研究拠点を目指すとともに、特色ある研究拠点を形成する」ことを掲げ、それを達成するための第2期中期計画として「各研究域に、先進的研究拠点の中核としての研究センターを時限付きで設置する」ことを定めました。本センターはこの中期計画を具現化するものとして設置されました。

 本センターの目的とするところは、経済開発やグローバリゼーションの進展で世界各地において変化を余儀なくされている有形・無形の文化遺産を、新たな価値を創造するための「文化資源」ととらえなおし、その総合的・多角的な研究と保護・活用法の開発を行うことにあります。基本的に海外の研究機関と共同で事業を実施することで、本学の国際連携・貢献を強化するという大きな役割も担っています。

 本センターは「形態文化資源部門」「伝承文化資源部門」「文化資源情報部門」の3部門から構成されます。それぞれ、有形文化資源に関する調査・研究、無形文化資源に関する調査・研究、文化資源についての情報の収集・分析・社会還元をミッションとしています。ただし、3つの部門は個別に存在するのではなく、「課題ユニット」と名付けられた特定のプロジェクトにおいて相互が有機的に連関し、合同調査、データの共有、共同研究、情報発信などを活発におこなっています。つねに領域横断的な研究体制のもとで、学際的な調査・研究が進められているのです。とりわけ、文化財の保存や修復、データの採取とデータベースの構築などにおいては、最新のテクノロジーを駆使した文理融合の研究のスタイルを確立し、文化資源学のモデルとなる研究を推し進めています。

 金沢大学では、学内のすぐれた研究領域を核とした研究チームに対し、競争的な資金を重点的に支援し、世界的な研究拠点となることを目的として「超然プロジェクト」を平成26年度に発足させましたが、そのひとつに採択された「文化資源マネジメントの世界的研究・教育拠点形成」は、本センターを母体としています。また、本年4月に設立された新学術創成研究機構には「文化遺産国際協力ネットワーキング・ユニット」が配置され、本センターが進める国際協力を全学的にサポートしています。

 本センターの活動は、文化資源学の領域における学生の教育や若手研究者の養成にも貢献していす。とりわけ、リーディング大学院「文化資源マネージャー養成プログラム」は、本センターのスタッフを中心とした教育体制のもとで、海外からの留学生と日本人学生に対して大学院教育を実施しています。文化資源学を基礎とした社会貢献や国際協力に寄与する人材育成は、今後、本センターが果たす役割として、ますます重要な意味を持つようになるでしょう。

 今後とも皆様のご支援を心よりお願いする次第です。

国際文化資源学研究センター長
森 雅秀