ごあいさつ

 金沢大学国際文化資源学研究センターは2011年2月に金沢大学人間社会研究附属の研究施設として発足しました。「文化資源学」とは、世界中の有形・無形の文化を「文化資源」としてとらえなおすことで、消滅しつつある文化という従来の見方にかわり、新たなる価値を創造するものとして文化を研究しようとする学問です。言い換えれば、文化資源学はあらゆる文化を「文化資源」としてとらえ、価値を発見され、肯定的に評価され、なにかの目的のために、当事者あるいは外部者から利活用される可能性をもったものとして見るのです。基礎研究から保全保護、利活用までを視野にいれた文化資源学の発展のために、本センター構成員は、フィールドワークや国内外の研究機関との共同研究をとおして調査研究をすすめています。

 本センターの強みのひとつはその学際性にあり、それはセンター独自の組織によって支えられています。本センターは第一に「形態文化資源部門」「伝承文化資源部門」「文化資源情報部門」の3つから構成されています。「形態文化資源部門」は有形文化資源にかんする調査・研究を、「伝承文化資源部門」は無形文化資源にかんする調査・研究を、「文化資源情報部門」は有形・無形の文化資源についての情報の収集・整理分析・社会還元を使命としています。同時に本センターは、上記3部門を横断するかたちで「課題ユニット」という特定プロジェクトを組織し、3部門が有機的に連関し、個々の部門をこえる合同調査、データの共有、共同研究、情報発信などおこなうことを可能にしています。領域横断的な研究体制のもとですすめられる調査・研究のほか、文化財の保存や修復、データの採取とデータベースの構築などにおいては、最新のテクノロジーを駆使した文理融合の研究スタイルで調査・研究をすすめています。

 文化資源学は、金沢大学の重点研究領域として位置づけられています。本センターの設置は、金沢大学第2期中期目標達成のために定められた、「各研究域に、先進的研究拠点の中核としての研究センターを時限付きで設置する」方針によるものです。金沢大学は2014年度にすぐれた研究領域を重点的に支援するため「超然プロジェクト」を発足させましたが、本センターを母体にした「文化資源マネジメントの世界的研究・教育拠点形成」はそのひとつに採択されました。また、2015年設立の新学術創成研究機構に配置された「文化遺産国際協力ネットワーキング・ユニット」は、本センターの国際協力事業を全学的にサポートしています。

 本センターは、文化資源学の領域における学生の教育や若手研究者の養成にも大きな貢献をしています。とりわけ、リーディング大学院「文化資源マネージャー養成プログラム」は、本センター構成員を中心とした教育体制のもとで、留学生と日本人学生に対して大学院教育を実施しています。文化資源学を基礎とした社会貢献や国際協力に寄与する人材育成は、今後、本センターが果たす役割として、ますます重要な意味をもつこととなるでしょう。

 本センターの活動は、文化資源学の領域における学生の教育や若手研究者の養成にも貢献していす。とりわけ、リーディング大学院「文化資源マネージャー養成プログラム」は、本センターのスタッフを中心とした教育体制のもとで、海外からの留学生と日本人学生に対して大学院教育を実施しています。文化資源学を基礎とした社会貢献や国際協力に寄与する人材育成は、今後、本センターが果たす役割として、ますます重要な意味を持つようになるでしょう。

 今後とも皆様のあたたかいご支援を心よりお願いする次第です。

国際文化資源学研究センター長
西本 陽一